【読書】 戦略課長 ★★★★☆

「投資ミサイル」と同じ内容 戦略にもいろいろとありますが本作で扱う戦略は1つが会社の新規事業戦略、次が株を使ってのポートフォリオ戦略(リスク分散)、そして会社を設立するときの資金調達戦略に、不動産の投資戦略の主に4つになります。 登場人物は新米課長・道明美穂とロボット取締役のほぼ2人。基本、美穂がボケでロボットがツッコミ。新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 未来は音楽が連れてくる Part 1 ★★★★★

歴史は繰り返す 本書は、ただ音楽がクラッシック→ポップス→ジャズ→リズム&ブルース→ロックへと変遷していく歴史を追っただけの音楽史ではなく音楽業界というマーケットがソフト面・ハード面から時代に合ったビジネスモデルとどうマッチして成功してきたのかを総括しているビジネス書である。この様に音楽面から切り込んだビジネス書をいままで読んだこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 兵士は起つ―自衛隊史上最大の作戦― ★★★★★

「日陰者」自衛隊から見たあの日(3.11) 第一部では地震直後に所属部隊(多賀城駐屯地)へ駆けつけようとしていた彼らに津波が襲いかかり、流された先で他の被災者を助ける自衛官たちと有事の際にすぐに被災地に出動できるよう準備していたにもかかわらず、自身も被災したため機材が駄目になり、交通網が寸断され初動に時間を取られた部隊が如何にして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 All You Need Is Kill  ★★★☆☆

メディアミックス展開に乗ってみたものの・・・ 人類は今、かつてない戦争をしている。敵は「ギタイ」と呼ばれる化物。ジャパンの南方、コトイウシ島で繰り返される戦闘。初年兵であるキリヤ・ケイジと戦場の牝犬と呼ばれるリタ・ヴラタスキは、まだ見ぬ明日を求める戦いに身を投じていく。 原作→映画→漫画(本作)の順で読みましたが、一番平凡に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 ルーズヴェルト・ゲーム ★★★★☆

カッコイイ大人はどこにいった? 大手ライバル企業に攻勢をかけられ、業績不振にあえぐ青島製作所。リストラが始まり、歴史ある野球部の存続を疑問視する声が上がる。かつての名門チームも、今やエース不在で崩壊寸前。廃部にすればコストは浮くが――社長が、選手が、監督が、技術者が、それぞれの人生とプライドをかけて挑む「奇跡の大逆転(ルーズヴェル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 僕の光輝く世界  ★★★★☆

脳は雄弁に物語る。 とある事件で視力を失った少年・光輝。彼は、聴覚・触覚・嗅覚情報などをもとに脳が創り出すイメージにより、目が見えていなくとも、本人にはまるで視覚があるように感じられる形質を獲得する。それは、アントン症候群と呼ばれる、極めて珍しい症例だった。そんな、光輝の前に訪れる奇妙な謎。―消失する少女、突如変貌する世界、そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 オー!ファーザー  ★★★☆☆

父親とは 父親が四人いる!?高校生の由紀夫を守る四銃士は、ギャンブル好きに女好き、博学卓識、スポーツ万能。個性溢れる父×4に囲まれ、息子が遭遇するは、事件、事件、事件―。知事選挙、不登校の野球部員、盗まれた鞄と心中の遺体。多声的な会話、思想、行動が一つの像を結ぶとき、思いもよらぬ物語が、あなたの眼前に姿を現す。伊坂ワールド第一期を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 天冥の標 VIII ジァイアント・アークPART1  ★★★★★

遂にというか、ようやく最初に追いついた。 「起きて、イサリ。奴らは撃ってきた。静かにさせましょう」―いつとも、どことも知れぬ閉鎖空間でイサリは意識を取り戻した。ようやく対面を果たしたミヒルは敵との戦いが最終段階を迎えていることを告げ、イサリに侮蔑の視線を向けるばかりだった。絶望に打ちひしがれるイサリに、監視者のひとりがささやきかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 ムーンロスト  ★★★★☆

Fly Me To The Moon 最初から飛ばしまくりの本書。巨大隕石の接近、その阻止オペレーション、そしてその際のミスから人類は地球の伴侶である月を失う。地球を襲う天変地異と人類滅亡の危機。とこの規模の話が一巻前半部分を費やして怒涛の展開で語られる。起死回生を狙う人類は「エウロパ計画」にすべてを賭けるのだが、一枚岩ではないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(1)  ★★★★★

真打ち登場。 遂に真打ち登場。ファースト世代なら「でがしたカドカワ!」と叫んだ事でしょう。安彦ガンダムはそれだけの価値があります。放送当時におかしかった設定や本来作者がやりたかった事を取り込みつつの再始動。ガンダム試作1号機との遭遇戦や親父の資料を家で見てたので意外とすんなり操縦出来たアムロとかいい感じにアレンジされてます。そのせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 夢違  ★★★☆☆

ここまで引っ張って 夢の映像を記録した「夢札」、それを解析する「夢判断」を職業とする浩章のもとに、奇妙な依頼が舞い込む。各地の小学校で頻発する、集団白昼夢。浩章はパニックに陥った子供たちの面談に向かうが、一方で亡くなったはずの女の影に悩まされていた。日本で初めて予知夢を見ていると認められた、結衣子。災厄の夢を見た彼女は―。悪夢が現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 レベルE  ★★★★☆

ホラ吹き王子の不条理SF 地球には沢山の宇宙人が住んでいて地球人だけが知らないという設定でドグラ星の第一王子が地球にやってきたことから色々な騒動が起きます。このイケメンで頭が良いのだけれど悪魔のような性格の悪さの王子が地球人も含め色々な星人を巻き込んでの騒動が面白い。短編ながらアイデアや内容が濃くじっくり読まないと置いていかれます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 カムナビ  ★★★★☆

サイファイ小説第三弾。 若き考古学者・葦原志津夫は、前代未聞の土偶を発見したとの報を受け、茨城県の石上遺跡へと向かった。しかし、現場には無惨な焼死体が転がっており、情報提供者とも連絡が取れなくなってしまう。彼は十年前に行方不明になった志津夫の父に関する情報も手に入れていたようだった。志津夫はわずかな手掛かりを頼りに調査を始めるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 アウトニア王国奮戦記 でたまか 問答無用篇  ★★★☆☆

「でたまか」って「でたとこまかせ」? カネなしコネなし色気なしの帝国のビンボー貴族。それがぼく、マイド・ガーナッシュ。士官学校を卒業し薔薇色の未来にいざ出陣♪……のはずが! なぜか!! 配属されたのは宇宙の果ての果ての果ての果ての(以下略)惑星国家アウトニアだった。ほのぼのした国民風土にして、その艦隊は宇宙一へなちょこ。しかもぼく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 バリバリ伝説(1)  ★★★★★

バイクレーシングの世界を描いた希有な作品 北稜高校で出会ったバイクに魅せられた男女4人。750cc(ナナハン)でロードをぶっちぎるワイルドな巨摩郡(こま・ぐん)だが、ブリッ子タイプの伊藤歩惟(いとう・あい)にはなぜか弱い。レーシングチームを持つ社長令嬢の一ノ瀬美由紀から筑波サーキットへ誘われたグンは、愛機CBで筑波に向かう! サー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【読書】 空気の発見  ★★★☆☆

基本って大事。 空気に重さがあることが発見されて以来、様々な気体の種類や特性が分かってきた。空はなぜ青いのか、空気中にアンモニアが含まれるのはなぜか――。身近な疑問や発見を解き明かし、科学が楽しくなる名著。 昔、授業で習った習ったと思いながら読みました。内容は小中学生向けに書かれているので難しい話は出てきませんが、よく昔の人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 GOTH 夜の章  ★★★☆☆

面白い探偵役だ。 連続殺人犯の日記帳を拾った森野夜は、次の休日に未発見の死体を見物に行こうと「僕」を誘う…。人間の残酷な面を覗きたがる者〈GOTH〉を描き本格ミステリ大賞に輝いた乙一の出世作。「夜」を巡る短篇3作を収録。  初の乙一作品。文章もうまいが物語も面白い。 人の暗黒面に引かれる「僕」が同じ趣味を持つ森野夜の拾った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 レッドスーツ  ★★★★☆

一筋縄ではいかないユーモア冒険SF 銀河連邦の新任少尉ダールは、憧れの宇宙艦隊の旗艦イントレピッド号に配属される。未知なる宇宙への冒険の旅のはじまりだ。しかし、彼と新人仲間はすぐに艦で奇妙なことが起きていると気づく。任務でのクルーの死亡率が異常に高いのに、艦長たち上級士官はまるで死なず、緊急時には謎の装置に頼って問題を解決している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 おもいでエマノン  ★★★★★

代表作登場。 大学生のぼくは、失恋の痛手を癒す感傷旅行の帰り、フェリーでひとりの少女に出会った。ナップザックを持ち、ジーンズに粗編みのセーターを着て、少しそばかすがあるが、瞳の大きな彫りの深い異国的な顔立ちの美少女。彼女はエマノンと名乗り、SF好きなぼくに「私は地球に生命が発生してから現在までのことを総て記憶しているのよ」と、驚く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【読書】 セオイ  ★★★★☆

この設定の別の物語も読んで見たい。 「セオイ」――それは、悩める人々が最後に頼ると噂される謎の伝承技である。技の使い手の鏡山零二と助手の美優は、西新宿の裏路地に居を構え、人知れず老若男女を救っていた。だがある時、有名作家の事故死との関連でベテラン刑事に目をつけられ、執拗につきまとわれる。必ずしも無関係とは言いがたいのだが……。鏡山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more